2017年09月14日

第七回 百年の会 特別編

一龍斎貞心 旭堂南青 二人会

10月21日(土曜日) 午後5時開演 開場16:30
演 目
一龍斎貞心 「中村仲蔵」「二度目の清書」
旭堂南青  「一休禅師」「京人形」

木戸銭
一般2500円 (旭堂南青を囲む会会員2000円) 学生1000円

会場:百年長屋 大阪市東成区中道3-2-28
問い合わせ お申込み 06-6643-9508(みなみはる)
※会場については080-2535-6937(百年長屋中西)

DIhWGH3UMAEWQ2U.jpg
posted by Nagaya100 at 09:21| Comment(0) | これからのイベント

2017年09月05日

三原色透明水彩でポストカードに描いてみよう!

第4講座(8月21日実施済) 透明なモチーフの描きかた。

体験も含めると今回で5回目の講座でした。
回を重ねるごとに一人で形がとれ、
赤・青・黄の三原色だけで、思う色を作ることができるようになります。

今回のテーマは、ガラスや水など、透き通るモチーフをどのように描くのか?
21034353_484901608551074_8170846629884654917_n.jpg

先入観から来る既成概念を捨てて、見えているものだけにに心を遊ばせれば、
色と形だけの世界が浮かんできます。

※少人数制「百年長屋」三原色基礎講座
次回は9月11日(月)12:00〜と、13:30〜16:00
風景を描こう!その1 遠近法です。

講師は平田有加画伯。
画伯のプロフィールや作品はこちらでご覧ください


初回は体験から参加し7回で透明水彩画の基礎を学んで頂けます。
080-2535-6937(百年長屋中西)にお申込みの上、てぶらでお越し下さい。
posted by Nagaya100 at 09:20| Comment(0) | これからのイベント

2017年08月31日

真山隼人浪曲フルマラソン〜1日7席に挑戦!!

いくら若いとはいえ、七席も!!大丈夫だろうか?隼人さんの喉
真山隼人さんだからこその挑戦!!
21150099_1458542217570962_7214086199164048348_n.jpg

三部形式の朝から夜までの公演です。

10月1日(日)
その1=11時30分〜  その2=15時〜  その3=18時〜
 
◎その1「同期なの?」=前売2000円、当日2500円
真山隼人「つみとばつ」
天中軒涼月「お楽しみ」
真山隼人「片割れ月」
 
◎その2「浪曲の小部屋その10」= 前売1500円、当日2000円
真山隼人連続三席 「かんざし」「勧進帳」「お楽しみ」
 
◎その3「四郎若師匠の胸を借りる会!!」=前売3000円、当日3500円
真山隼人「ビデオ屋の暖簾」、
松浦四郎若「お楽しみ」、
真山隼人「お楽しみ」
 
※3公演とも曲師・沢村さくら (天中軒涼月・松浦四郎若のみ曲師・藤初雪)

※3公演通し券6000円(残席わずか)
ご予約 090-7869-1309  メールgenroku1701@mail.goo.ne.jp

会場についての問い合わせ 080-2535-6937(百年長屋 中西)
公演合間の休憩場所として、長屋二階をご自由にご利用頂けます。

※休憩時間に楽しく?美味しい?サプライズもあるかも知れません。どうぞお楽しみに。


posted by Nagaya100 at 10:22| Comment(0) | これからのイベント

2017年08月27日

ながやで囲碁

百年長屋囲碁サロン
初心者向けの囲碁講座(毎月第4火曜日14:00〜15:30)を開設しています。

新たに囲碁にふれてみたい方や初級レベルの方もどうぞご参加ください。
次回の囲碁さろん 9月26日(火)
会場:百年長屋
参加費:500円
講師:藤田裕司氏(五段)

DSCF3883.JPG
藤田講師はナレッジサロン「囲碁サロン」でも講習会をされています

お申込み・お問い合せ  info@nagaya100.com   080-2535-6937(中西)
posted by Nagaya100 at 10:04| Comment(0) | これからのイベント

2017年08月24日

第26回 古典に親しむ夕べ

ほろ酔い源氏ナイト
〜源氏物語の解説と朗読〜

源氏物語をシリーズとしてダイナミックにお楽しみいただく「おとな」のための古典講座です。
学生時代には難解だったこのいにしえの恋物語をもう一度覗いてみませんか?
ほろ酔いセット(おつまみと日本酒1盃)つきです。
講師と同じテーブルで、時に茶々を入れながら?一緒に学びましょう!

2017年9月29日(金)18:30開演 (18:00開場)
場面:二十六帖『常夏』
286392027b2fc0a79567177c926a3d0a.jpg

【酷暑の一日、源氏は六条院の釣殿で、川魚、氷水、水飯などで暑さをしのぐ。
そこで、内大臣の落胤、近江君が話題に。
篝火のあかりで、玉鬘(たまかづら)の和琴を弾き、父内大臣が和琴の名手であることを話す。
内大臣は、雲居雁の昼寝を叱る……。そして、近江君は……。】

※現代語の訳つきの原文を、その場面の背景や登場人物の心情などを踏まえ、分かり易く解説していただいたのち、原文のままの朗読していただきます。

講 師 山崎方典(元公立高校国語科教諭・現私立高校講師)
参加費 1000円 (資料・ほろ酔いセットつき) ※持ち込み大歓迎!
お申込み 080-2535-6937(中西)info@nagaya100.com
posted by Nagaya100 at 09:52| Comment(0) | 日記