2015年06月09日

『天から見れば』自主上映会in百年長屋

ドキュメンタリー映画
『天から見れば』

director_irie.png

映画「1/4の奇跡」「光彩の奇跡」の入江富美子監督の第3作目ドキュメンタリー。

2012年 ロサンゼルス ジャパンフィルムフェスティバル出品作品。
2012年12月10日、ニューヨーク国連本部にて、
「世界障害者デー」のイベントとして上映された作品です。

810932e0b176508f7fe7e6e66b97ee25.png

明治38年に「堀江六人切り事件」として日本中を震撼させた恐ろしい事件が起きます。
その惨劇の被害者となり、ただ一人生き残ったのが、
犯人中川万次郎の養女当時17歳の「大石よね」、後の大石順教尼です。

少年時代に事故で両腕を失い、
絶望の淵にあつた南正文少年(日本画家の南正文氏)を救ったのが、
この大石順教尼でした。
img008.jpg

南さんへのインタビューや再現ドラマをもとに、
その裏に流れる大きな力を描き出した、入江富美子監督渾身の作品です。

『天から見れば』自主上映会
平成27年10月4日(日)
1部 15:30〜 2部 18:30〜
(開場は30分前 各回定員25名 ご予約優先)

会費 ご予約1200円(当日1500円)
お申し込みメール:info@nagaya100.com(中西)
FAX専用:072−844−5035(お問い合わせは下記番号へ)
「お名前・ご連絡先・ご希望の部・参加人数」をお知らせ下さい。
お問い合わせ:080−2535−6937(中西)






posted by Nagaya100 at 11:25| Comment(0) | 映画自主上映会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]