2017年08月24日

第26回 古典に親しむ夕べ

ほろ酔い源氏ナイト
〜源氏物語の解説と朗読〜

源氏物語をシリーズとしてダイナミックにお楽しみいただく「おとな」のための古典講座です。
学生時代には難解だったこのいにしえの恋物語をもう一度覗いてみませんか?
ほろ酔いセット(おつまみと日本酒1盃)つきです。
講師と同じテーブルで、時に茶々を入れながら?一緒に学びましょう!

2017年9月29日(金)18:30開演 (18:00開場)
場面:二十六帖『常夏』
286392027b2fc0a79567177c926a3d0a.jpg

【酷暑の一日、源氏は六条院の釣殿で、川魚、氷水、水飯などで暑さをしのぐ。
そこで、内大臣の落胤、近江君が話題に。
篝火のあかりで、玉鬘(たまかづら)の和琴を弾き、父内大臣が和琴の名手であることを話す。
内大臣は、雲居雁の昼寝を叱る……。そして、近江君は……。】

※現代語の訳つきの原文を、その場面の背景や登場人物の心情などを踏まえ、分かり易く解説していただいたのち、原文のままの朗読していただきます。

講 師 山崎方典(元公立高校国語科教諭・現私立高校講師)
参加費 1000円 (資料・ほろ酔いセットつき) ※持ち込み大歓迎!
お申込み 080-2535-6937(中西)info@nagaya100.com
posted by Nagaya100 at 09:52| Comment(0) | 過去のイベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]