2017年08月24日

第26回 古典に親しむ夕べ

ほろ酔い源氏ナイト
〜源氏物語の解説と朗読〜

源氏物語をシリーズとしてダイナミックにお楽しみいただく「おとな」のための古典講座です。
学生時代には難解だったこのいにしえの恋物語をもう一度覗いてみませんか?
ほろ酔いセット(おつまみと日本酒1盃)つきです。
講師と同じテーブルで、時に茶々を入れながら?一緒に学びましょう!

2017年9月29日(金)18:30開演 (18:00開場)
場面:二十六帖『常夏』
286392027b2fc0a79567177c926a3d0a.jpg

【酷暑の一日、源氏は六条院の釣殿で、川魚、氷水、水飯などで暑さをしのぐ。
そこで、内大臣の落胤、近江君が話題に。
篝火のあかりで、玉鬘(たまかづら)の和琴を弾き、父内大臣が和琴の名手であることを話す。
内大臣は、雲居雁の昼寝を叱る……。そして、近江君は……。】

※現代語の訳つきの原文を、その場面の背景や登場人物の心情などを踏まえ、分かり易く解説していただいたのち、原文のままの朗読していただきます。

講 師 山崎方典(元公立高校国語科教諭・現私立高校講師)
参加費 1000円 (資料・ほろ酔いセットつき) ※持ち込み大歓迎!
お申込み 080-2535-6937(中西)info@nagaya100.com
posted by Nagaya100 at 09:52| Comment(0) | 日記

2017年06月09日

ながやで「お絵かき」

三原色透明水彩 「第二講座:お花を描こう☆百年長屋」
講師:平田有加画伯
6月19日(月)13:30〜 
18486002_779874085520547_5215207717760517510_n.jpg

先月5月15日(月)の第一講座「葉っぱを描こう!」では植物を選ぶことからスタート。
アケビ・ドクダミ・ノイバラ・ミヤマガマズミ・カラスノエンドウなどがテーブルに並びます。
野草って見ているだけで癒されますよね。
「第二講座」はお花の描き方を学ぶ予定です。
この季節、どんなお花がやって来るのでしょうか。

この講座は現在満席ですが、別途ご案内も可能ですのでお問い合わせくださいませ。
080-2535-6937(中西)info@nagaya100.com

posted by Nagaya100 at 09:40| Comment(0) | 日記

2017年04月20日

『フシとクグツで魅せるひととき』

かねてよりお知らせしております『フシとクグツで魅せるひととき』の公演はいよいよ今週末となりました。
会場は、大阪堂島「エルセラーンホテル大阪」内のエルセラーンホールです。
ランチの後にお越し下さるのに、また終演後のディナーにも良い時間帯の開演です。
お誘い合わせのお越しを心よりお待ち申し上げております。

企画元の狂言師安東元氏がFBに案内を書いて下さいましたので、そのまま掲載させていただきます。

18034304_1303272146425651_4922555562001257770_n.jpg

【4/18発行の毎日新聞 朝刊に、
今週末23日(日)14時より開演致します『フシとクグツで魅せるひととき』の記事が掲載されました。
玉川奈々福、沢村豊子師匠による至極の語り芸と、人形劇団クラルテによる
本物の舞台芸術を堪能していただけます。
本公演は大変僭越ながらも、私(安東元)の企画で御座いまして、
また進行やミニトークにと出させていただける傲慢振りを発揮します︎(笑)
浪曲は浪花節として、関西では大変馴染みのある芸能ですが、
また狂言にも平家節、小唄節、踊り節といった節付けの謡が、ちょくちょく登場し、
演劇的なアクセントに用いられます。こんなお話をしましょうかね〜〜。】

16807757_1247301345356065_3336693995468295624_n[1].jpg 
 16649181_1247301392022727_3640200893607626431_n[1].jpg
posted by Nagaya100 at 07:13| Comment(0) | 日記