2016年09月15日

【東成こども能楽隊】練習風景

〈こども仕舞・謡教室〉
9月14日(水)は二回目のお稽古日でした。
プロの能楽師(観世流)に丁寧なお稽古をつけてもらいます。
※平成28年度文化庁文化芸術振興費補助事業伝統文化親子教室事業
※後援:大阪市教育委員会

DSC09052.JPGDSC09056.JPG
実際に能面をつけて視野を確認しながら歩き方を練習します。

DSC09077.JPGDSC09072.JPG
能楽の基本の所作を学びます。

【生徒さん募集中】
体験・見学ご希望の方は9月21日(水)16:30に長屋にお越し下さい。
日本の伝統文化を次世代に伝える事業ですので講習費は無料です。
東成区以外にお住まいの方もご参加いただけます。

kids_onayasi_summer_higasinari 0621.jpg
お申し込みはチラシ掲載アドレスまでお願いいたします。
posted by Nagaya100 at 10:07| Comment(0) | 日記

2016年09月13日

『虚数の発見』〜森田真生講師〜

独立研究者・森本真生氏の数学講座が9月10日(土)開講されました。
【東京大を卒業後、大学に所属せず在野で数学を研究する独立研究者、31歳。
脳科学や哲学と数学を紡ぎ、数学の美しい風景を空間に織りなす講演を各地で開催】

DSC08962.JPG
今回は、参加者がチームに分かれてのワークショップがあるので、
百年長屋2階で開催いたしました。
「虚数」の発見の歴史と数学的な意味を、
軽快に真っ直ぐにしかもユーモアも散りばめながら説明して頂くことから始まります。

DSC08977.JPG
さらには具体的な虚数(複素数)の計算方法を
丁寧に分かり易く解説していただき、グループに分かれて実践するワークショップ。

DSC08981.JPG    
そして最後に「Gamowの宝探し」・・島には裏切り者を処刑する絞首台が・・
色褪せた羊皮紙に書かれた宝のありかを数学的に探すという設定です。

DSC08973.JPG
一つの課題を解くために、この日初めて出会った方々と共に知恵を出し合います。
約4時間30分の数学講座、充実した時間の長さはむしろ心地よいのだと知りました。
百年の時を超えてきた建物に、清々しい「知性の風」が吹き渡るのを感じたひとときでした。

※この企画はnoth〜数学寺子屋〜の主催によるものです。
posted by Nagaya100 at 12:01| Comment(0) | 日記

2016年07月25日

百年長屋言語造形教室


「ことば」について深く学びたいメンバーが集う「百年長屋言語造形教室」
7月23日(土)は、2016年後期4回目(全6回)の講座でした

DSC08781.JPG

「美しい和のことば」がもっと大切にされていた時代に建てられた空間で、
言語造形家:諏訪耕志先生(ことばの家主宰)に導いて頂き
それぞれが持ち寄った「おはなし」を、
芸術として空間に立ち上がらせるレッスンを重ねています。

DSC08747.JPG
太宰治:走れメロス
ものがたりの情景を動作で表現することで「ことば」が降りてくる。
聞く方も真剣です。

DSC08758.JPG
童話:葉っぱのフレディー
身体を丸ごと使って語る心地よさが、聴く人にも伝わる。

DSC08764.JPG
雨月物語:白峯
百年長屋の空間いっぱいにことばを解き放つ。

DSC08778.JPG
梶井基次郎:檸檬
毎回文章を完全に覚えて来られる史さん。
ことばの芸術性が高まるんだな〜、私も頑張ろう!

DSC08751.JPG
童話:ぜつぼうの濁点
なるほど、一語一語を大切に語ることで、
聴く方も安心して耳を傾けることができるのですね

私は島木健作:赤蛙 を練習しています。
自分の選んだ作品を仲間に聴いて頂ける幸せ。
神様から戴いた「からだ」という「楽器」から生まれる「声とリズム」を通じて味わう文学。
諏訪先生は、まさにオーケストラの「指揮者」のようです。
※只今、百年長屋言語造形教室午後クラスは満席です。
レッスンを希望される方は「ことばの家」にお問い合わせ下さい。








posted by Nagaya100 at 12:04| Comment(0) | 日記