2016年07月16日

初めての素浄瑠璃(女義太夫)

昨夜【豊澤雛文女義太夫(むすめぎだゆう)を楽しむ会】に行ってきました。
関西の大阪文化を担う若手芸術家に贈られる
「咲くやこの花賞」受賞者豊澤雛文さんの公演です

DSC08725.JPG DSC08729.JPG

竹本雛子太夫の義太夫語り「御所桜堀川夜討ち 弁慶上使の段」。
とても哀しく切ないお話しです・・
「義太夫」と云えば文楽人形のイメージですが、素浄瑠璃なので人形はありません。
その分意識を語りに集中させることが出来ます。
そして登場人物の切ない心情や苦悩が、
女性ならではの声音と表現力で、じんじん伝わって情景が空間に立ち上がります。
豊澤雛文さんによる、太棹三味線のお腹に響く生きた音色とバチさばきの格好良さ!。

こんな素晴らしい「語り芸」があったのか!
と日本の芸能の奥深さに改めて開眼したひとときでした。

DSC08734.JPG DSC08732.JPG
会場は会員制の大人の社交場【大阪倶楽部】それはそれは素晴らしい建築物でした。

posted by Nagaya100 at 11:59| Comment(0) | 日記

2016年07月04日

ランテンパンツ

今日はポジャギ教室の日。
生徒さんの中に手作りの『ランテンパンツ』を着こなす方がいて、
お昼からポジャギ教室の生徒さん対象に作り方を教えて頂きました。

DSC08689.JPG
 
約1時間で主要な部分の仮縫いまで。あとは宿題です。
手仕事好きの方ばかりなので、
8月1日(月)のポジャギお稽古日は
皆さんランテンパンツで長屋にお越し下さるハズです(^_^)v。

DSC08681.JPGDSC08690.JPG

タイのランテン族の、手縫いのみで布を無駄なく使って仕上げる伝統的手仕事とか。

posted by Nagaya100 at 22:06| Comment(0) | 日記

2015年11月26日

第16回 和泉家遊福落語勉強会

アマチュア落語家:和泉家遊福さんが
2ヶ月に一度の勉強会を始められてから早16回目となります。
毎回違う演目に挑戦されており、着実に勉強の成果を上げておられます。

F2314遊福さん.jpg

第1回(2014年6月27日)の様子。まだ高座も準備できておらず、
手探りでのスタートでしたが満席のお客様をお迎えいたしました。

勉強会で演じられた演目は、ゲストの演目も含め、今回で【50席】となります.

平成27年12月18日(金)
開演:午後7時 開場:午後6時30分
和泉家遊福さん 演目:「穴泥」「厄払い」

ゲスト:笑福亭 仁福(しょうふくてい じんぷく)さん
演目 : 「お楽しみ」

※笑福亭仁福師と和泉家遊福さん。お二人は師弟関係にあります。
image.jpg

笑福亭仁福師 略歴
1972年「笑福亭仁鶴」師匠に入門
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
ほのぼのとした温かさがある噺家さん。
迫力満点で、豪快な爆笑落語を演じる。
主な会/「元祖大阪名物あほの会」「もっちゃりーず寄席」繁盛亭他で活躍中
     木戸銭 ¥1500(当日受付)

※どなたでも楽しめる落語会です。当日長屋にお越し下さい。

お問い合わせ先(百年長屋 中西)
大阪市東成区中道3−2−28
080−2535−6937
info@nagaya100.com
 
posted by Nagaya100 at 09:55| Comment(0) | 日記